MOR returns to San Francisco Conservatory of Music with four new commissions inspired by Japanese and Japanese American wartime experience (Bilingual:日本語訳付き)

FOR IMMEDIATE RELEASE
October 4, 2017
Contact: Mina Miller or Rachel Bittner
(206) 365-7770 | info@musicofremembrance.org

 

MOR returns to San Francisco Conservatory of Music with four new commissions inspired by Japanese and Japanese American wartime experience (Bilingual日本語訳付き)

Featuring new works by Ryuichi Sakamoto, Keiko Fujiie and Christophe Chagnard

 

SEATTLE, Wash.— Since 1998, Music of Remembrance (MOR) has commissioned over 30 new works that remember the Holocaust and honor those who stood up in the face of injustice and persecution. That legacy continues with MOR’s 20th season, featuring four new music commissions inspired by Japanese and Japanese American experience during World War II. The Bay Area premieres will be featured alongside a selection of Holocaust-era works at MOR’s Voices of Witness concert on May 24, 2018, 7:30 p.m. at the San Francisco Conservatory of Music. A free pre-concert performance featuring Keiko Fujiie’s Wilderness Mute begins at 6 p.m. Tickets: $45-$60 available at musicofremembrance.org

“MOR was founded nearly 20 years ago to remember the Holocaust through music­­, and we are still deeply committed to that mission” said MOR Founder and Artistic Director Mina Miller. “The Holocaust’s legacy also calls on us to recall all victims of exclusion and persecution. With these new commissions, we share important stories of Japanese wartime experience.”

The May 24 program, marking MOR’s fourth annual concert in the Bay Area, premieres new compositions by Ryuichi Sakamoto, Keiko Fujiie and Christophe Chagnard. Sakamoto’s new work, Snow Falls, draws on melodies from his film score for “Nagasaki: Memories of My Son.” It sets the iconic poem of the same title by Kiyoko Nagase, both in the original Japanese and in English translation by Empress Michiko. Sakamoto's second MOR commission, NAMÉ, is dedicated to the memory of all of those who perished in World War II. Chagnard’s multimedia work Gaman focuses on the experience of people of Japanese ancestry forced into incarceration camps during World War II. The title refers to the struggle to endure the unbearable with patience and dignity. Combining traditional Japanese and classical Western instruments, this work brings a powerful story to life through testimonies of the words and images created by three artists and poets during their captivity in the Minidoka camp. Fujiie’s song cycle Wilderness Mute, based on texts by Japanese poets from Hiroshima and Nagasaki, offers a musical plea about the urgency of preventing nuclear war.

The program also features chamber music works by Miecyslaw Weinberg, a Soviet composer of Polish-Jewish origin who holds the unfortunate distinction of persecution at both Nazi and Soviet hands; and Czech composer Erwin Schulhoff, an audacious talent whose life ended in a Nazi concentration camp. In addition, soprano Roslyn Barak will interpret songs from Terezín that the prisoners wrote and sung under the noses of their Nazi captors.

The concert features MOR’s chamber ensemble drawn from the ranks of the Seattle Symphony, joined by guest artists baritone/narrator Robert Orth; sopranos Roslyn Barak and Ann Moss; and Ringtaro and Asako Tateishi of Seattle’s School of Taiko. For more information, visit musicofremembrance.org.

About Music of Remembrance: MOR remembers the Holocaust through music and honors the resilience of all people excluded or persecuted for their faith, nationality, ethnicity, gender or sexuality. In addition to rediscovering and performing music from the Holocaust, MOR has commissioned and premiered more than 30 new works by some of today’s leading composers, telling stories of loss, courage and inspiration.

 

MOR、日本人と日系人の戦時中の体験に触発された新作4曲を携え、

サンフランシスコ音楽院で今シーズンもコンサートを開催 Bilingual:日本語訳付き)

坂本龍一氏、藤家渓子氏、クリストフ・シャニャール氏による新作を披露

ワシントン州シアトル市—1998年以来、Music of Remembrance (MOR) は人権侵害や迫害の犠牲者となった人々に敬意を表すために30を超える新作を委嘱してきました。この伝統は、20年目を迎える今シーズンの秋のコンサートで、坂本龍一氏と藤家渓子氏による日本人の戦時中の体験を基にした新作に受け継がれます。これらの新作は、ホロコーストのインスピレーションによる室内楽とともに2018年5月24日午後7時30分にサンフランシスコ音楽院で演奏されます。コンサートに先立ちましては、午後6時からは藤家渓子氏によるWilderness Mute(日本語参考訳:「荒野の沈黙」)の演奏(無料)を行います。チケット料金は4560ドルで、musicofremembrance.orgのウェブページからお求め頂けます。

創立者兼芸術監督のミナ・ミラー(Mina Miller)は、「MORは音楽を通してホロコーストの記憶を残す目的で20年前に創立され、今もそのミッションに深くコミットしています。」また、「ホロコーストの伝統は、迫害や除外された全ての人々の記憶も同様に思い起こすようにと促します。私たちは、これらの委嘱作品を通じて日本人の方々の戦時中のご経験の重要なストーリーを共有します」と語ります。

MORにとってベイエリアでの4度目のコンサートとなるこの5月24日のプログラムでは、坂本龍一氏、藤家渓子氏、クリストフ・シャニャール氏の新作を披露します。坂本龍一氏の新作Snow Fallsは、長崎の原爆を題材にした映画「母と暮らせば」の楽曲をMORのためにアレンジした作品で、永瀬清子氏の深く感動的な詩「降りつむ」と美智子皇后様による美しい英訳「Snow Falls」の朗読と共に演奏します。坂本龍一氏によるMORとの2作目の委嘱作品となるNAMÉは、第二次世界大戦で亡くなった方々全ての思い出に捧げられる作品です。また、クリストフ・シャニャール氏によるGaman(日本語参考訳:「我慢」)は、第二次世界大戦中にアメリカ国内の強制収容所で生活を余儀なくされた日本人と日系人の経験に焦点を当てています。この題名には、耐え難い経験を忍耐と威厳を持って耐えるという意味があり、日本の伝統的な楽器と西洋のクラシック音楽の楽器を組み合わせ、ミニドカ収容所で生活していた芸術家・詩人3人の言葉と画像による証言を通して力強いストーリーを語ります。藤家渓子氏のソングサイクルWilderness Muteは、広島と長崎の詩人によるテキストをベースに、核戦争防止の緊急性を訴えます。

さらに、このプログラムでは、不幸にもナチスドイツとソビエトによる両方の迫害を受けたソビエト時代のポーランド系ユダヤ人の作曲家ミェチスワフ・ヴァインベルク(Miecyslaw Weinberg)、ナチスの強制収容所でその一生を終えたチェコの素晴らしい作曲家、アーウィン・シュルホフ(Erwin Schulhoff)による室内楽も演奏します。また、ソプラノ歌手のロスリン・バラク(Roslyn Barak)が、テレジン強制収容所でナチスの監視の目を逃れて作曲され歌われたTerezínの歌(Songs from Terezin)を歌唱します。

このコンサートでは、シアトルシンフォニーのメンバーによるグループにバリトン兼ナレーターのロバート・オ―ス(Robert Orth)と、ソプラノ歌手のロスリン・バラク(Roslyn Barak)とアン・モス(Ann Moss)、また「シアトル太鼓の学校」を主宰する立石鈴太郎・あさこが演奏を務めます。さらに詳しい情報は、musicofremembrance.org(英語)をご覧ください。

 

Music of Remembrance について:Music of Remembrance (MOR)は、音楽を通してホロコーストの惨禍に思いを馳せ、信仰、民族、性別、性的嗜好によって除外・迫害された全ての人々を称え、私たちの記憶に残します。また、ホロコースト時代の音楽を再発見し演奏するとともに、悲劇、勇気、インスピレーションのストーリーを語る30を超える新作を今日の著名な音楽家に委嘱・初演しています。