Music of Remembrance Commissions Two New Works on Japanese and Japanese-American Experience of War (Bi-lingual:日本語訳付き)

Published on: 
Thursday, February 16, 2017

FOR IMMEDIATE RELEASE
February 16, 2017
Contact: Mina Miller
(206) 365-7770
mina@musicofremembrance.org

 

Music of Remembrance Commissions Two New Works on Japanese and Japanese-American Experience of War

2017-18 season unveils music inspired by life in internment camps, and by memories of survivors of nuclear war 

 

For its twentieth season, in 2017-18, Music of Remembrance (MOR) will premiere two new works that it has commissioned to recall the wartime experience of Japanese and Japanese-American people.

After the attack on Pearl Harbor, more than 120,000 people of Japanese ancestry – a majority of them American citizens – were forced to detention camps scattered across the western United States.  French-American composer Christophe Chagnard, now in Seattle, will explore this painful chapter of history through the stories of individuals, families and artists based on their personal accounts, journals, letters and art works.  The composition will combine traditional Japanese and classical Western instruments along with a narrator/singer, all combined with visual media projections.  

MOR’s other commission is a song cycle by Japanese composer Keiko Fujiie, drawing on words of witnesses and survivors of the atomic blasts in Hiroshima and Nagasaki to make an eloquent statement about the urgency of preventing nuclear war. Ms. Fujiie, a long-time Nagasaki resident and one of Japan’s most noted and frequently-performed composers, has been honored twice with the NHK Symphony Orchestra’s coveted Otaka Prize.

MOR, founded in 1998 by Mina Miller, performs and commissions works about the experience of those who have been the targets of persecution and exclusion.  “Music of Remembrance’s roots are in the music that commemorates the Holocaust and the voices it silenced,” Miller said. “Those events have profound resonance for our world today.  We’ve failed to learn from history if we choose not to speak and act on behalf of people whose rights and dignity are threatened anywhere and at any time.”

MOR will premiere the Fujiie commission at its November 5, 2017 concert at Seattle’s Benaroya Hall, and the Chagnard commission at its May 20, 2018 concert at the same venue.  Both works will be part of MOR’s concert at the San Francisco Conservatory of Music on May 24, 2018.  Additional concert and ticket information will be announced in spring 2017.

About Music of Remembrance

MOR remembers the Holocaust through music, and honors the resilience of all people excluded or persecuted for their faith, nationality, ethnicity, gender or sexuality. In addition to rediscovering and performing music from the Holocaust, MOR has commissioned and premiered more than 20 new works by some of today’s leading composers, telling stories of tragedy, courage and inspiration.

www.musicofremembrance.org

 

Music of Remembrance(ミュージック・オブ・リメンバランス)、日本人と日系アメリカ人の戦時中の経験に題材を得た2つの新作を委嘱

2017-18シーズンに日系人収容所の生活と核戦争の生存者の記憶にインスピレーションを受けた音楽作品を紹介

 

Music of Remembrance(MOR)は、活動20周年を迎える2017-18シーズンに、日本人と日系アメリカ人の戦時中の経験に基づく2つの委嘱作品を初演します。

真珠湾攻撃の後、アメリカに住む12万人以上の日系の人々(大多数はアメリカ市民)がアメリカ西部に散在する収容所での生活を余儀なくされました。シアトル在住のフランス系アメリカ人作曲家クリストフ・シャニャール氏が、個人、家族、そしてアーティストたちが残した記憶、日記、手紙や作品をを基に、この苦渋に満ちた歴史のストーリーを紡ぎ出します。この作品では、伝統的な日本の楽器と西洋のクラシック音楽の楽器を用いた音楽と、ナレーター兼歌手が語るストーリーを、全体を通して流れる映像がまとめ上げます。

もう一つのMORの委嘱作品は、日本人作曲家の藤家渓子氏による広島と長崎の原爆の生存者による詩を題材にした核戦争防止の緊急性を雄弁に訴えるソング・サイクル形式の音楽です。藤家氏は長崎市に長く在住する日本の最も著名な作曲家の一人で、彼女の作品は頻繁に演奏されており、NHK交響楽団から名誉ある尾高賞を2度受賞しています。

ミナ・ミラー(Mina Miller)によって1998年に創立されたMORは、差別や迫害の対象になった人々や、彼らの経験に基づく音楽の演奏と作品委嘱を行っています。ミラーは「MORのルーツは、ホロコーストと、ホロコーストによって沈黙させられた人々の声を思い起こすことでした」また、「これらの出来事は今日の世界にも深く共鳴します。歴史の教訓から学ぶためには、権利と尊厳を脅かされた人々のために、それがいつどこで起こったのかを問わず、彼らの話を語り継ぎ、行動を起こさなくてはなりません」と語ります。

MORは藤家氏の委嘱作品をシアトル市のベナロヤホールで行われる2017年11月5日のコンサートで、またシャニャール氏の委嘱作品を、同会場で2018年5月20日に演奏します。また、サンフランシスコ音楽院で行われる2018年5月24日のコンサートではその両方を演奏します。コンサートやチケットについての詳細は、2017年春に発表する予定です。

Music of Remembranceについて

MOR はホロコーストの惨禍を音楽を通して思い出し、信仰、国籍、民族、性別や性的嗜好によって差別や迫害を受けた全ての人々の精神的な強さを称えます。また、ホロコースト時代の音楽の再発見や演奏に加え、MORは20を超える作品を著名な現代の作曲家に委嘱し、悲劇、勇気、そしてインスピレーションのストーリーを語り続けています。

www.musicofremembrance.org