Music of Remembrance presents new commission exploring Japanese American wartime experience (Bilingual日本語訳付き)

FOR IMMEDIATE RELEASE
April 12, 2018
Contact: Mina Miller
(206) 365-7770

info@musicofremembrance.org

www.musicofremembrance.org

 

Program features the world premiere of Christophe Chagnard’s Gaman,

exploring the incarceration of people of Japanese ancestry during WW II.

SEATTLE, Wash.—Music of Remembrance (MOR) presents the world premiere of a newly commissioned  work at its concert at Benaroya Hall’s Illsley Ball Nordstrom Recital Hall in Seattle on May 20, 2018 at 5 p.m. Tickets: $30-$45 available online at: https://www.musicofremembrance.org/concert/spring-concert-gaman  Pre-concert event: 4:15 p.m.– Sean MacLean of KING FM in conversation with composer Christophe Chagnard and art historian Barbara Johns.

Since 1998, Music of Remembrance (MOR) has commissioned over 30 new works that remember the Holocaust and honor those who spoke out in the face of injustice and persecution. That legacy continues with the closing concert of MOR’s 20th season in Seattle.

French-American composer Christophe Chagnard’s work Gaman focuses on the experience of people forced into incarceration camps because of their Japanese ancestry during World War II. The title refers to the struggle to endure the unbearable with patience and dignity. Combining traditional Japanese and classical Western instruments, this work brings a powerful story to life through testimonies of the words and images created by three artists and poets during their captivity in the Minidoka camp: the words of poet Suma Yagi, the images of Roger Shimomura, and journal entries and art work of Kamekichi Tokita and Takuichi Fujii.

“MOR was founded nearly 20 years ago to remember the Holocaust through music­­, and we are still deeply committed to that mission” said MOR Founder and Artistic Director Mina Miller. “The Holocaust’s legacy also calls on us to recall all victims of exclusion and persecution. With this new commission, we share important stories of Japanese wartime experience.” The program also includes August 6thby Shinji Eshima, a haunting work for violin and double bass that makes an eloquent plea about the urgency of preventing nuclear war.

In addition, the program features Erwin Schulhoff’s Five Pieces for String Quartet (1923),and includes a newly discovered sixth piece. In addition, baritone Erich Parce interprets songs written and performed by prisoners in the Terezin concentration camp under the noses of their Nazi captors. It also includes the Rhapsody on Moldavian Themes for violin and piano by Mieczyslaw Weinberg, who holds the unfortunate distinction of suffering at both Nazi and Soviet hands.  MOR’s instrumental ensemble, largely drawn from the Seattle Symphony, is joined by guest artists baritone/actor Erich Parce and soprano Ann Moss, and Ringtaro and Asako Tateishi of Seattle’s School of Taiko.

About Music of Remembrance: MOR remembers the Holocaust through music and honors the resilience of all people excluded or persecuted for their faith, nationality, ethnicity, gender or sexuality. In addition to rediscovering and performing music from the Holocaust, MOR has commissioned and premiered more than 30 new works by some of today’s leading composers, telling stories of loss, courage and inspiration.

Music of Remembrance (ミュージック・オブ・リメンバランス)、日系アメリカ人の戦時中の経験に基づくマルチメディア委嘱新作を初演

第二次世界大戦中の日系人の強制収容所での経験を扱うクリストフ・シャニャール氏(Christophe Chagnard)のGaman (我慢)の世界初演を含むプログラム

ワシントン州シアトル市—Music of Remembrance (MOR) は、2018520日午後5時からベナロヤホールのイルズリー・ボール・ノードストロームリサイタルホールにおいて、新しいマルチメディア委嘱作品の世界初演を含むコンサートを開催します。チケット料金は3045ドルで、下記のリンクからお求め頂けます。https://www.musicofremembrance.org/concert/spring-concert-gaman

1998年以来、Music of Remembrance (MOR) はホロコーストや不正・迫害の最中に声を上げ続けた人々に敬意を表すために30を超える新作を委嘱してきました。この伝統は、20年目となった今シーズンを締めくくるシアトルでのコンサートにも受け継がれます。

フランス系アメリカ人の作曲家クリストフ・シャニャール氏のマルチメディア作品Gaman(我慢)は、第二次世界大戦中に日本人の血を引くと言う理由で強制収容所での生活を余儀なくされた方々の経験にフォーカスしています。この作品の題名は、忍耐と威厳を持って耐え難い状況を耐えるという意味です。西洋のクラシック音楽と日本の伝統的な音楽を組み合わせたこの作品は、ミニドカ収容所での生活中に3人のアーティストたちによって創作された絵や言葉による証言を通し、力強いストーリーを紡ぎ上げます。

創立者兼芸術監督のミナ・ミラー(Mina Miller)は、MORは音楽を通してホロコーストの記憶を残す目的で20年近く前に創立され、今もそのミッションに深くコミットしています。」また、「ホロコーストの伝統はまた、迫害や除外された全ての人々の記憶も同様に思い起こすようにと促します。私たちは、これらの委嘱作品を通じて日本人や日系人の方々の戦時中のご経験にまつわるストーリーを共有する機会を持てることを光栄に思います」と語ります。このプログラムには、核戦争を二度と起こさないための願いをバイオリンとダブルベースで雄弁に表現したShinji Eshima氏のAugust 6 (「86日」)が含まれます。

他にも、アーウィン・シュルホフ(Erwin Schulhoff)のFive Pieces for String Quartet 1923)に、新しく発見された曲を加えた計6曲と、バリトンのエリック・パース(Erich Parce)が、テレジン強制収容所でナチスの目と鼻の先で作曲・演奏された歌のいくつかを解釈してお届けします。さらに、不幸にもナチスドイツとソビエトによる両方の迫害を受けたソビエト時代のポーランド系ユダヤ人の作曲家ミェチスワフ・ヴァインベルク(Mieczyslaw Weinberg)によるバイオリンとピアノのためのRhapsody on Moldavian Themesも併せて演奏します。このコンサートは、主にシアトルシンフォニーのメンバーで構成されるMORの室内楽アンサンブルにベテランのバリトン兼俳優のロバート・オス氏、ソプラノのアン・モス氏、そして「シアトル太鼓の学校」の立石鈴太郎・あさこ氏ら素晴らしいゲストアーティストをお迎えしてお届けします。

Music of Remembrance について: MORは、音楽を通してホロコーストの惨禍に思いを馳せ、信仰、民族、性別、性的嗜好によって除外・迫害された全ての人々を称え、私たちの記憶に残します。また、ホロコースト時代の音楽を再発見し演奏するとともに、悲劇、勇気、インスピレーションのストーリーを語る30を超える新作を今日の著名な音楽家に委嘱・初演しています。